本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

懐かしの列車紀行シリーズ10 165系 パノラマエクスプレスアルプス [DVD]

  DVD
ジャンル 鉄道
品番 ANRW-82013
定価 \3,800(税抜)
発売日 2012年8月24日


現在では姿を見ることができなくなってしまった国鉄型車両にスポットをあて、各地で活躍をしていた普段の列車たちの姿を紹介。沿線の風景をバックに、走行シーンで綴る列車紀行、車両の形式や走行線区、列車名など、当時の様々な列車の魅力に迫ります!

パノラマエクスプレスアルプス(Panorama Express Alps)は、国鉄・JR東日本が1986年から2001年まで保有していた車両で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種です。国鉄東京西鉄道管理局のメイン路線である、中央本線での雄大な山岳風景を楽しむことができる前面展望を備えた車両として、1986年6月に設計を開始し、同年10月には改造に着手、翌1987年3月に運行を開始しました。改造落成後は、三鷹電車区に配置され、1987年3月より営業運行を開始、団体専用列車を中心に運用されました。1993年に山梨県の観光キャンペーン「しんせん・やまなし」が行われた際には167系「メルヘン」4車両を中間に組み込んだ10両編成での運行が行われました(この時に「メルヘン」車もパノラマエクスプレスアルプスと同様の塗装に変更)。しかし、老朽化のため、2001年8月末をもってJR東日本での運用を終了しました。
2001年に廃車された後、富士急行に売却され、同社の特急用車両(2000形「フジサン特急」)として使用されています。

【おことわり】
■この作品は、一部古い映像素材を編集しているため、お見苦しい点がございますことをご容赦ください。また、一部車両走行音以外の雑音を消音しているため、その箇所には音声がない場合がございます。重ねてご了承ください。

2001年8月に中央本線、青梅線で運転された「さよなら運転」の最後の雄姿を中心に編集。
1993年に運転された「しんせん・やまなし」の走行シーンや1997年に碓氷峠越えをする走行シーンも収録。また、首都圏の各線で団体列車として活躍した運用も収録。

【作品内容】
(1)中央線での走行シーン
(2)青梅線での走行シーン
(3)その他の線区での走行シーン

撮影・構成・編集:篠崎徳孝/協力:雲波百三/音楽:SOUND IMAGE♪/JR東日本商品化許諾済

2012年/POS:4560292373030/COLOR/本編60分/音声:2ストリーム(1.現地音+BGMあり/2.現地音のみ)/ドルビーデジタルステレオ/4:3/片面一層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2 NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

(C)HALCOM/ANEC
   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp