本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

ノスタルジック・トレイン 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線前方展望 [DVD]

  DVD
ジャンル 鉄道
品番 ANES-42120
定価 \3,619(税抜き)
発売日 2013年2月22日


廃止直前 在りし日の北見〜池田間全線快速「銀河」の軌跡
全線ノーカット・リアルタイム・テロップガイド版

2006年(平成18年)4月12日撮影
撮影区間 北見 ⇒ 池田
北見発帯広行き

列車番号702D 快速「銀河」
車両 CR 70-2

【停車・通過駅】
北見 - 北光社 - 上常呂 - 広郷 - 日ノ出 - 穂波 - 訓子府 - 西富 - 西訓子府 - 境野 - 豊住 - 置戸 - 小利別 - 川上 - 分線 - 陸別 - 薫別 - 大誉地 - 笹森 - 上利別 - 塩幌 - 西一線 - 愛冠 - 足寄 - 仙美里 - 本別 - 岡女堂 - 南本別 - 勇足 - 大森 - 高島 - 様舞 - 池田

【おことわり】
本作品に収録された映像・音声は、現存するオリジナルマスターの状態により、お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことを、予めご了承ください。

1910年に道央から網走を直結する幹線として、網走線と称する路線が池田側から開業し、1911年に当時の野付牛(現北見)、1912年には網走まで全通しました。1961年に旭川から伸びてきた石北線が本線となり、路線名称整理でそれまでの網走線池田〜北見間は池北線と改称されました。
国鉄末期に国鉄再建法施行対象路線としてバス転換路線に指定されましたが、1987年JR化されて以降、1989年には三セク会社の北海道ちほく高原鉄道に転換されて、路線愛称を「ふるさと銀河線」と名乗り、地域密着の鉄道に生まれ変わりました。しかし輸送量は年々減少の一途を辿り、ついに2006年4月20日限りで廃止されました。
今回の展望映像は、廃止直前に撮影しました永久保存版です。

現在は、陸別町商工会などの肝いりで「りくべつ鉄道」を立ち上げ、陸別駅構内と駅舎及び川上駅側に、500mの線路を生かして春先から秋までの土日祭日を中心に、運転体験や体験乗車などが開催されているが、将来的には川上駅まで延長予定としています。

廃線直前の在りし日を偲びつつ、情緒あふれる大自然の絶景路線の歴史的な旅をご堪能ください。

<島田信夫プロフィール>
1981年[信州鉄道ファンクラブ]を設立、国内鉄道路線の約90%強の路線の展望ビデオを保持している。
展望映像保有数にかけては他の追随を許さず、その妥協しない姿勢、高い撮影技術には定評がある。

制作:eレール/監修:島田信夫

2013年/POS:4560292373405/COLOR/本編145分/音声:日本語/ドルビーデジタルモノラル/4:3/片面二層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2 NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

(C) eレール
   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp