本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

鉄道員【ブルーレイ版】 

  ブルーレイ版
ジャンル 洋画
定価 \4,800(税抜き)
発売日 2017年2月21日


第2次世界大戦後のイタリアを舞台に、鉄道に働く初老の父親を末っ子の少年の視点から描いた作品。
都会に生きる庶民の喜怒哀楽を、詩情豊かに表している。ブルーレイ版で甦る

<キャスト>
アンドレア・マルコッチ:ピエトロ・ジェルミ「刑事」「わらの男」/サンドロ・マルコッチ:エドアルド・ネボラ/サラ・マルコッチ:ルイザ・デラ・ノーチェ/ジュリア・マルコッチ:シルヴァ・コシナ「ネレトバの戦い」「ヘラクレス」「ヘラクレ
スの逆襲」「魂のジュリエッタ」/ジジ:サロ・ウルツィ/マルチェロ:レナート・スペツィアリ/レナート:カルロ・ジュフレ
<スタッフ>
監督:ピエトロ・ジェルミ「刑事」「わらの男」/脚本:アルフレード・ジャンネッティ/ピエトロ・ジェルミ/ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ/製作:カルロ・ポンティ「軽蔑」「悪魔のはらわた」「カサンドラ・クロス」/音楽:カルロ・ルスティケッリ「わらの男」「イタリア式離婚狂想曲」「明日に生きる」「お熱い夜をあなたに」「ブーベの恋人」/撮影:レオニーダ・バルボーニ/編集:ドロレス・タンブリーニ

<仕様>
ANSK-62130B/モノクロ/本編115分/音声1ストリーム:イタリア語/日本語字幕/ドルビーデジタル・モノラ
ル/16:9/片面・1層/MPEG-4/AVC/無許可レンタル禁止/リージョンALL/複製不能/イタリア作品

<解説>
戦後イタリアを舞台に庶民の家族愛を少年の視点から描き、哀切極まりないテーマ曲と共に多くの映画ファンを涙させた永遠の名作。
監督自ら演じる機関士も素晴らしいが、いたいけな眼差しのサンドロ少年(エドアルド・ネヴォラ)の愛くるしさと、純真なモノローグがたまらない。長女ジュリアを演じる正当派女優シルヴァ・コシナの陰のある美しさも大きな魅力。

<ストーリー>
幼い末っ子サンドロが崇拝する機関士の父アンドレア。
既に大人になった長男や長女には口やかましく彼らからは疎まれる存在ではあったが、
優しい母のおかげで一家は平穏を保っていた。しかし、長女ジュリアが予期せぬ妊娠〜結婚の末に流産。
おまけにアンドレアも運転中に事故を起こしてしまい、家族の歯車が徐々に軋んでいく……。
1956年カンヌ映画祭国際カトリック事務局賞受賞。
'58年には日本でも543館で公開され大ヒットを記録。
その年の「キネ旬」ベストテンの読者部門で見事第1位に輝いた。
美麗なブルーレイ版で名画が今、甦る!!

   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp