本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

スターリングラードからの医者

 
DVD
ジャンル 戦争
定価 \3,600(税抜き)
発売日 2016年3月25日


酷寒と飢餓が襲う凍土の収容所でドイツ軍軍医とソ連軍の看守部隊が男の生き様をかけて対立する!

■キャスト
O・E・ハッセ(O.E. Hasse)/エヴァ・バルトク(Eva Bartok)/ハネス・メッセマー(Hannes Messemer)/マリオ・アドルフ(Mario Adorf)/ヴァルター・レイヤー(Walter Reyer)/ヴェラ・チェコワ(Vera Tschechowa)/パウル・ボシガー(Paul Bosiger)/レオナルド・ステッケル(Leonard Steckel)/ジークフリード・ロビッツ(Siegfried Lowitz)
■スタッフ
監督:ゲーザ・ラドバニー(Geza Radvanyi)/脚本:ハインツ・G・コンサリク(Heinz G. Konsalik)、ヴェルナー・P・ジバソ(Werner P. Zibaso)/音楽:ジーグフリード・フランツ(Siegfried Franz)/撮影:ゲオルグ・クラウゼ(Georg Krause)
■仕様
ANSK-62120/モノクロ/本編109分/音声1ストリーム:ドイツ語/日本語字幕/ドルビーデジタル・モノラル/4:3スタンダード・サイズ/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/西ドイツ作品


ストーリー&解説
ソ連軍の捕虜収容所で繰り広げられる緊迫した人間模様を通して、今明かされる「その後のスターリングラード」!
スターリングラードの攻防戦が終結した後、生き残った10万人近いドイツ兵がシベリアの捕虜となった。彼らは戦争終結後も祖国へ帰ることを許されず、収容所で強制労働に就かされていく。過酷な環境と粗末な食料のために、捕虜たちは次々と病に倒れていったが、ソ連軍は満足な治療をしようとしなかった。ドイツ軍捕虜の中の軍医、ベーラー大尉は脳外科の権威でもあったが、ソ連軍は捕虜の手による医療行為を固く禁じていた。ある日ベーラーは、盲腸炎を起こして手遅れになりそうだった若い捕虜を、密かに戦友たちの協力を得て手術する。このことはすぐに収容所のソ連軍にも伝わり、ベーラーは処罰されそうになる。しかしちょうどその頃、収容所長の幼い一人息子が、脳の腫瘍のために緊急に手術が必要である事がわかった。新たに赴任してきたソ連軍の軍医クレシンは、脳外科医としてのベーラーの名声を知っており、彼に所長の息子の手術の執刀の依頼をする。しかしベーラーは首を縦に振ろうとはしない。「仲間の捕虜の治療が許されない状況で、他人の治療に関わることは出来ない。」と。ソ連とドイツ、男達の良心と生存をかけた戦いが地獄の収容所を舞台に展開していく……。
(1958年制作/西ドイツ作品)
【おことわり】
本作品に収録された映像・音声は、オリジナルマスターの状態により、お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がある場合がありますことをあらかじめご了承ください。
©BETA FILM GMBH


   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp