本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

グストロフ号の悲劇

 
DVD
ジャンル 戦争
定価 \3,600(税抜き)
発売日 2016年3月25日


凍てつく北太平洋に沈んだ、ナチスドイツの象徴!「タイタニック号」の3倍以上の犠牲者を出した海の悲劇!

■キャスト
ソニア・ズィーマン(Sonja Ziemann)/グンナー・ミュラー(Gunnar Moller)/エリック・シューマン(Erik Schumann)/ブリジッテ・ホルニー(Brigitte Horney)/マディ・ラール(Mady Rahl)/エリッヒ・デュンスカス(Erich Dunskus)/ヴィリー・マエルテンス(Willy Maertens)/ディートマール・ショーンヘル(DietmarSchÖnherr
■スタッフ
監督:フランク・ヴィスバール(Frank Wisbar)/脚本:フランク・ヴィスバール(Frank Wisbar)、ヴィクトル・シュラー(Victor Schuller)/音楽:ハンス・マルティン・マイェウスキー(Hans-Martin Majewski)/撮影:ヴィリー・ヴィンテルシュタイン(Willy Winterstein)、エリオ・カルニール(Elio Carniel
■仕様
ANSK-62118/モノクロ/本編97分/音声1ストリーム:ドイツ語/日本語字幕/ドルビーデジタル・モノラル/4:3スタンダード・サイズ/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/西ドイツ作品



ストーリー&解説
歴史の波に翻弄される若きドイツ人夫婦の姿を通して、冷戦の闇に隠された海難事件の謎に光をあてる、戦争映画の傑作!
1939年の秋、ベルリンのラジオ局に勤める美貌の女性アナウンサー、マリアは、婚約者のクルト、同僚のベックと3人で、豪華客船グストロフ号による大西洋クルーズの船旅に出かけた。グストロフ号は、ナチ党がその威信をかけて建造した白亜の豪華客船。党の支持者であれば、誰でもわずか40マルクで太平洋クルーズを楽しめる、いわば“ドイツ民族団結のシンボル”でもあったこの船には、プールや映画館などあらゆる施設が完備され、人々は快適な船旅を楽しんでいた。しかし、ある日パーティを楽しむ船長のもとへ、本国への帰還命令が届けられる。遂に第二次世界大戦が始まったのだ。次第に悪化する戦況の中、ソ連軍に追われ、マリアたちが命からがら向かった港には、かつての白亜の豪華客船の姿があった。いまや難民船として7000人の運命を乗せて出航したグストロフ号は、しかしその淡い期待も空しくソ連軍潜水艦の放った魚雷に撃沈され、乗客たちは暗い夜の海に放り出されてしまう……。
『壮烈第六軍!最後の戦線』『鮫と小魚』などを監督したドイツ映画の巨匠、フランク・ヴィスバールが描いた、これは“もう一つのドイツ史”である。
(1960年制作/西ドイツ作品)
【おことわり】
本作品に収録された映像・音声は、オリジナルマスターの状態により、お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がある場合がありますことをあらかじめご了承ください。
©BETA FILM GMBH


   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp