本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

壮烈第六軍! 最後の戦線

 
DVD
ジャンル 戦争
定価 \3,600(税抜き)
発売日 2016年2月26日


動員兵力33万人、スターリングラードに待ち受けたのは地獄の戦場!

■キャスト
ヨアヒム・ハンセン(Joachim Hansen)/ヴィルヘルム・ボルヘルト(Wilhelm Borchert)/ペーター・カルステン(Peter Carsten)/ホルスト・フランク(Horst Frank)/ウォルフガング・プライス(Wolfgang Preiss)
■スタッフ
監督:フランク・ヴィスバール(Frank Wisbar)/脚本:ハインツ・シュレーター(Heinz Schroter)/撮影:ヘルムート・アシュレイ(Helmut Ashley)/音楽:ヘルベルト・ヴィント(Herbert Windt)/美術:ワルター・ハーグ(Walter Haag)
■仕様
ANSK-62112/モノクロ/本編97分/音声1ストリーム:ドイツ語/日本語字幕/ドルビーデジタル・モノラル/4:3スタンダード・サイズ/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/西ドイツ作品




ストーリー&解説
軍馬を喰らい倒し敵の糧食を奪う飢餓戦線を兵たちはいかにして生存したか。
スターリングラード――誤った参謀本部と総統指令がドイツ軍を壊滅に追いやった歴史的転換点
参加総員33万人、生存9万余人、戦後ドイツへの帰還者5000人というドイツ東部戦線最大の悲劇となったスターリングラード攻防戦を最前線の砲兵部隊から描く。1942年9月ソビエト侵攻作戦のひとつとして、ヒトラー総統はスターリングラード攻撃を指令。戦略的価値の低い都市攻撃に参謀たちは疑問視するが、都市の名前にこだわるヒトラーに逆らうことなく命令は実行される。兵站物資不足のまま占領には成功するも、反攻したソビエト軍に包囲され彼らの地獄は始まった。やがて零下20度にもなるロシアの冬が来る・・・。
脚本は第六軍に従軍し、からくも生還したハインツ・シュレーター。監督はドイツ海軍の掃海艇とUボートの戦いを描いた『鮫と小魚』のフランク・ヴィスバール。また音楽のヘルベルト・ヴィントは『民族の祭典』でも楽曲を提供し、レニ・リーフェンシュタールと共に強く美しいドイツ民族の姿を演出したことで有名。また撮影監督ヘルムート・アシュレイと主役ヨアヒム・ハンセンは『撃墜王アフリカの星』でも名コンビぶりを発揮。1959年のベルリン映画祭・ドイツ映画部門で金賞、最優秀監督賞、撮影賞、技術賞を獲得している。
(1959年制作/西ドイツ作品)
【おことわり】
本作品に収録された映像・音声は、オリジナルマスターの状態により、お見苦しい部分、お聞き苦しい部分がある場合がありますことをあらかじめご了承ください。
©BETA FILM GMBH


   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp