本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

鉄道アーカイブシリーズ 阪和線・紀勢本線の車両たち

  DVD
ジャンル 鉄道
品番 ANRW-82033
定価 \3,619(税抜き)
発売日 2014年10月28日


路線や型式ごとに、1990年代〜現在に至るまで活躍した国鉄型車両を中心に、近年のJR新型車なども一部含めながら、様々な車両たちの足跡を走行シーンで紹介する作品です

今回は、「路線別」シリーズとして『阪和線・紀勢本線』を収録しました。
阪和線(はんわせん)は、大阪府大阪市天王寺区の天王寺駅から、和歌山県和歌山市の和歌山駅までを結ぶ全長61.3kmの西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)です。ほかに大阪府堺市西区の鳳駅から、大阪府高石市の東羽衣駅までを結ぶ支線(通称:羽衣線)1.7kmがあります。阪和電気鉄道に始まり、南海鉄道を経て1944年(昭和19年)に国有化され、阪和線となりました。その後はJR西日本に引き継がれ、現在に至りました。
紀勢本線は、三重県亀山市の亀山駅から尾鷲駅・新宮駅・紀伊田辺駅を経て和歌山県和歌山市の和歌山市駅に至る鉄道路線(幹線)です。亀山駅 - 新宮駅間は東海旅客鉄道(JR東海)、新宮駅 - 和歌山市駅間は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄で、JR西日本の区間のうち新宮駅 - 和歌山駅間には「きのくに線」という愛称が付いています。

2014年/ANRW-82033/COLOR/本編約67分/音声:2ストリーム(1.現地音+BGM有/2.現地音のみ)/ドル
ビーデジタルステレオ/4:3スタンダード/片面一層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本
市場向/複製不能/日本作品

■今回の「阪和線・紀勢本線」は、阪和線の山中渓・紀伊付近での走行シーンと紀勢本線和歌山〜御坊を走行した列車の映像を中心に編集しました。
<登場型式>103系、205系、113系、117系、165系、381系、など
●103系:吹田総合車両所日根野支所に所属する4両もしく6両編成が使用されています。基本的にはスカイブルー色の編成であり転属等の関係からバーミリオンオレンジの編成も収録●205系:スカイブルー帯色1000番台4両編成が運用されており、103系と共通運用となっています●113系:アーバン色及び阪和線新快速用として国鉄時代に始まったグレーに水色帯の阪和色の2種類の塗色が収録。4両編成を基本とし、阪和線内では2編成で組成された8両編成の快速運用もありました。2011年12月10日のダイヤ改正で4両編成の運用は離脱しています●117系:青緑色オーシャングリーン地にラベンダー帯色4両編成が運用されています。現在では、青緑色一色に塗り替えが進んでいます●165系:定期列車として原色を用いた最後の運用路線で、2002年3月22日で定期運用が終了しています●381系:特急「くろしお」として和歌山駅 - 新宮駅間で運用されています
■撮影・構成・編集/篠崎徳孝 ■写真協力/雲波百三 ■音楽/       ■JR西日本商品化許諾済
【おことわり】
■この作品は、一部古い映像素材を編集しているため、お見苦しい点がございますことをご容赦ください。また、一部車両走行音以外の雑音を消音しているため、その箇所には音声がない場合がございます。重ねてご了承ください。■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。


   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp