本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

愛知高速交通リニモ運転席展望

  DVD
ジャンル 運転席展望
定価 \3,619(税抜き)
発売日 2015年10月30日


リニアモーターカー初の運転席展望【往復】 デイクルーズ/ナイトクルーズ

日本初の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)の展望映像を収録
愛知高速交通の東部丘陵線は磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)を使用した、日本初の常設実用路線です。愛知県豊田市八草駅から名古屋市名東区の藤が丘駅までの約8.9kmを走ります。愛称は「リニモ(Linimo)」。この車両は斬新なカットが採用された100形を使用、透明感あふれる車両デザインは2005年度グッドデザイン賞、2006年度ローレル賞をそれぞれ受賞しました。リニモは電磁石による磁気で車体が8mm浮上し、常にレールと車体が浮いた状態で走行するように制御されています。また車体が浮いているため、振動・騒音は少なく、防音壁も必要ありません。1km程度の駅間距離でも時速約100km/hが可能。また、半径75mの急カーブも、1kmの間に60m登る急な坂も、車輪とレールの摩擦力に頼らないで走行することが可能です。
今回の運転席展望では八草~藤が丘のデイクルーズ(昼間走行)とナイトクルーズ(夜間走行)をそれぞれ往復映像で収録。また、通常では見られない回送でのスイッチバック展望や車両基地での車両先端技術紹介、運転司令室潜入なども収録。防音壁のない全線8.9km、最大高低差134mのパノラマ遠望での空中散歩をお楽しみください。

愛知高速交通株式会社商品化許諾済

2015年/ANRW-72009/COLOR/本編約98分/音声:1ストリーム/ドルビーデジタル・2chステレオ/16:9/
片面・2層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

■撮影日/2015年8月14日(金)
■区間/デイクルーズ(昼間走行)/車両基地→ 八草(13:29発) → 藤が丘(13:46着)/藤が丘(13:51発)
→ 八草(14:08着)
ナイトクルーズ(夜間走行)/八草(21:09発) → 藤が丘(21:26着)/藤が丘(21:31発) → 八草(21:48着)
→ 車両基地
【停車駅】
八草(やくさ) - 陶磁資料館南(とうじしりょうかんみなみ) - 愛・地球博記念公園(あい・ちきゅうはくきねんこうえん) - 公園西(こうえんにし) - 芸大通(げいだいどおり) - 長久手古戦場(ながくてこせんじょう) - 杁ヶ池公園(いりがいけこうえん) - はなみずき通(はなみずきどおり) - 藤が丘(ふじがおか)
【収録内容】
<運転席展望>デイクルーズ八草⇔ 藤が丘(往復)/ナイトクルーズ八草⇔ 藤が丘(往復)/通常は見られない回送運転による車両基地~八草駅間のスイッチバック入替展望映像、デイクルーズ・ナイトクルーズ走行、車両基地での車両先端技術(8mm浮上する車両等)紹介、運転司令室潜入収録
■本作はハイビジョンで撮影された映像をDVD方式に変換して記録しております■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます■本シリーズは各鉄道会社のご協力のもとに撮影しております■喚呼および走行音、車内音で一部差し替え等している場合がございます■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます
■運転室内のノイズ音、正面ガラスの写り込み、汚れ、振動や反射等による映像の映りこみ、水滴などがある場合がございますが、臨場感を損なわないよう、そのままの状態で収録しております。ご了承いただけますよう、お願いいたします。

   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp