本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

すぎ去りし日の…(HDリマスター版)

  DVD
ジャンル 洋画
定価 \3,800(税抜き)
発売日 2018年7月21日


木もれ日の朝よきらめく海よ
恋よいまはすぎ去りし日の・・・


<キャスト>
エレーヌ:ロミー・シュナイダー「夕なぎ」「ルートヴィヒ/神々の黄昏」/ピエール:ミシェル・ピッコリ「軽蔑」「最後の晩餐」/カトリーヌ:レア・マッサリ「情事」「狼は天使の匂い」/フランソワ:ジャン・ブィーズ「追想」/息子:ジェラール・ラルディゴ


<スタッフ>
監督:クロード・ソーテ「夕なぎ」「ボルサリーノ」/脚本:ポール・ギマール、ジャン=ルー・ダバディ、クロード・ソーテ/撮影:ジャン・ボフェティ「冒険者たち」「オーぱ」/音楽:フィリップ・サルド「夕なぎ」「暗黒街のふたり」/製作:レイモン・ダノン

<仕様>
ANRM-22172/カラー/本編85分/音声フランス語/日本語字幕/ドルビーデジタル・モノラル/16:9/片面・
1層・/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/フランス

<解説>
さまざまな出来事の紆余曲折をへて、愛する人と共に生きようとした瞬間、突然の自動車事故でその人は帰らぬ人となってしまった・・・。
人生の成熟期にさしかかり、妻子と別居中の建築家と気まぐれだがどこまでも信頼し、その人について行く、若く美しい女。恋人どうしにありがちなとまどいや逡巡、そして行違い。さらに妻と子どもへの思惑など、多く
の不安を乗り越え結婚にたどりつく一歩前のところで、二人の未来は無惨にも断ち切られてしまう。ギャング映画で知られる監督のクロード・ソーテはこの作品で初めて愛の物語に取り組み、フランスで最も権威のあるルイ・デリュック賞を獲得した。第23回カンヌ国際映画祭出品作品。

<ストーリー>
ピエール(ミシェル・ピッコリ)は妻のカトリーヌ(レア・マッサリ)と別居して、パリのアパートに若く美しいエレーヌ(ロミー・シュナイダー)と住んでいる。二人は近々チュニスに行き、二人だけの生活を送る予定になっていた。エレーヌはチュニス行きを前から楽しみにしていた。というのはカトリーヌとピエールの一人息子が気がかりだったからだ。カトリーヌとピエールの間にはもう感情の交流もないほど冷えきっているというものの、いつか、ピエールは妻のもとに戻ってしまうのではないかという不安があった。
その日、息子と会って帰ってきたピエールにエレーヌは不満だった。彼はチュニス行きを延期して息子と夏のバカンスを過ごすというからだ・・・
(1970年製作フランス)






   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp