本文へスキップ

電話でのお問い合わせは03-6240-9901

メールのお問い合わせはこちら

夜 【ブルーレイ版】 

  ブルーレイ版
ジャンル 洋画
定価 \4,800(税抜き)
発売日 2018年3月21日


愛を見失った夫婦の孤独と虚しさ、かみ合わない感情。二人は愛を取り戻すことができるのか。アントニオーニ監督の不朽の名作!

<キャスト>
リディア:ジャンヌ・モロー「死刑台のエレベーター」「雨のしのび逢い」/ジョヴァンニ:マルチェロ・マストロヤンニ「異邦人」「最後の晩餐」/バレンチナ:モニカ・ヴィッティ「情事」「太陽はひとりぼっち」/トマゾ:ベルンハルト・ヴィッキ


<スタッフ>
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ「情事」「太陽はひとりぼっち」/脚本:ミケランジェロ・アントニオーニ、エンニオ・フライアーノ、トニーノ・グエッラ/撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ/音楽:ジョルジョ・ガスリーニ/美術:ピエロ・ズッフィ

<仕様>
ANRM-22158B/モノクロ/本編122分/音声:イタリア語/日本語字幕/リニアPCM(モノラル)
/16:9(ビスタ・サイズ)/片面・1層/1080p Hi-Def/MPEG-4 AVC/無許可レンタル禁止/
リージョンALL/複製不能/イタリア
<解説>
「どんな条件でもいい。女優として一度はアントニオーニ監督の映画に主役を演じてみたい」かねてからの念願を果たしたジャンヌ・モローの名演を得て、アントニオーニ監督が夫婦の愛の"孤独″と“不信″を静かに描いた不朽の名作。ベルリン国際映画祭グランプリ受賞。撮影は、常にアントオーニと組んでいるジャンニ・ディ・ヴェナンツォで、音楽はイタリア・ジャズ界の鬼才といわれるジョルジョ・ガスリーニが担当している。「愛の不毛」を描いた三部作のひとつ。

<ストーリー>
ある日の午後、作家のジョヴァンニ(マルチェロ・マストロヤンニ)と妻リディア(ジャンヌ・モロー)は、病床にある友人の作家トマゾを見舞った。かつてずっとリディアを愛し続けた男トマゾ。もはや回復の見込みはなく、自分をずっと愛してくれた男性の、死を前にしたその姿を見て、リディアの心が激しく波打つ。彼女はトマゾではなくジョヴァンニを選び、作家夫人として何不自由のない毎日を送っていたが、その生活に得体の知れぬ不安が徐々に広がっていく。ある夜、二人が出かけたパーティー会場で、ジョヴァンニはバレンチナ(モニカ・ヴィッティ)に魅了され、彼の視線はたえず彼女を追った。一方リディアは病院へ電話しトマゾの死を知った。胸中で何かが音をたててくずれ落ちた。ポーチの隅で夫とバレンチナが接吻してるのを見たリディアは・・・。
繰り返される男と女の空しい試みの末に、果たして“夜″は明けるのだろうか。
(1961年/イタリア・フランス合作)

   
   




    

会社情報

アネック

株式会社アネック

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町1-3-12
第7センタープラザ4階
TEL.03-6240-9901
FAX.03-6240-9099


info@anec.co.jp